ボイセンベリーの栽培方法

ボイセンベリーはアメリカ生まれのフルーツで、現在はニュージーランドが世界一の生産国・輸出国となっていますが、実は日本でも植樹・栽培することができます。

日本では香川県の栽培が有名ですが、よい土壌作りを心がければ日本各地で育てることが可能です。

栽培にあたって特に広いスペースは必要なく、小さな庭先やプランタンでもよく育つので、アパートやマンション住まいの方にもおすすめです。

ただ、ボイセンベリーは繁殖性が強いので、鉢に植える場合は5~6合の大きめの鉢を用意しましょう。

ボイセンベリーの土壌作り

ボイセンベリーは陽当たりがよく、水はけのよい場所を選んで植樹します。

植樹する場所を決めたら、堆肥有機物を加えて土壌を作ります。この時、砂を含んだ土壌にすると、水はけがよくなり、ボイセンベリーに適した土壌となります。

また、畑の場合、木のまわりをマルチングすれば乾燥を防ぐことができます。

水やりはあまりこまめに行う必要はなく、土が乾燥しない程度を保てばOKです。

特に鉢植えの場合、日本の普通の気候であれば水やりはあまり必要ないので、土の状態をよく観察し、水のやり過ぎには十分注意しましょう。

ボイセンベリーの収穫

ボイセンベリーは植樹から1~2年で開花して実をつけ、果実は1ヶ月ほどで熟します。

実に色がついて柔らかくなれば収穫可能です。完熟すると柔らかくなり、強く押すとつぶれてしまうので、収穫はハサミを使うか、あるいは指先でていねいに果実をつみとりましょう。

収穫を終えると木は枯れますが、ボイセンベリーは多年生植物なので、地下茎はしっっかり残っています。

地下茎からはまた新しい芽が出るので、次回の収穫に備え、実がつくシュート(勢いよく伸びる新梢)を短く切りすぎないこと。また、6月頃の生育期に、庭植えの場合は株元から1m前後。鉢植えの場合は60cm程度をカットすれば、枝が増えて翌年の収穫量が増えます。

ビルベリープレミアム
ビルベリープレミアムは女性にやさしい組合せ!初回購入特典あり
www.sanapia.co.jp/

理研のクロセチンアイ
クロセチンアイをはじめ、品質に こだわった保険機能食品はコチラ!
www.riken-supportplus.jp/

えがおのブルーベリー
ビルベリーエキスの≪吸収率≫が驚きの 約150%UP!初回購入特典あり
www.241241.jp/

Copyright (C) 2012 ボイセンベリー All Rights Reserved.